2016年8月23日火曜日

金属加工の街燕で。有限会社和田さんに行ってきました。

燕(新潟県燕市)はステンレスを中心にした金属加工の街です。私のモノづくりは燕が中心です。よく燕三条という言い方をしますが、歴史的にも燕市と三条市のものづくりは違うように感じます。
三条市は元々上杉謙信の頃から三条城というお城が有り、城下町としてものづくりが始まったのだと思っています。

三条に似てるのはむしろ与板ではないでしょうか?与板も同じ頃与板城というお城が有りました。三条城、与板城、これに栃尾城を加えた3つの場所が関東からの守りに備えた白だったそうです。ものづくりとしては会津若松からの影響を受けて、鋸をはじめとする大工道具の製造が盛んだったと思います。

つまり鍛冶屋が中心で当時の工業と言えば町を作るのに必要な大工道具や農業に必要な金物の生産が中心で鍛冶屋が重要な産業だったのだと考えます。

燕はそのずっと後に金属加工が始まったのだと思います。昭和になってステンレスという金属が生まれ、錆に強い金属として銅や真鍮に変わって使われるようになってからではないでしょうか。

そんな燕で、旋盤加工を生業とする有限会社和田はあります。


旋盤加工をする業者を挽物屋(ひきものや)と呼びます。

和田さんはいわゆる「部品」を作る会社です。私が面白いと感じるのはアナログな機械の独特な動きです。例えるなら「虫」のようです。


見ているだけで引き付けられる。

働く人も意外と女性の職人が多い。最近感じていますが、地方では働き手が慢性的に不足していて、女性が中心の工場も沢山盛られるようになりました。機械を使って加工するので、女性の方が繊細な作業に向く所が有るのかもしれません。


金属加工と書きましたが、プラスチックの加工も行っていて、実は酒器「三作」の底のアクリル樹脂はこちらで1つ1つ削り出しで制作しています。凄く薄く削られたプラスチックが紐のようにシューっと削られる。



基本的にモーターの回転にカムを使って縦や横の動きを作り出しているのですが、この機化を設計する人がいるわけで、完成した機械を見れば分かるのだけれども、加工したい部品からこれらの機械を設計するってどうやるのだろう?と感心してしまいます。


きっとコンピューター制御が普通になった今では、修理すら難しいものも有るだろうと思います。

長い歴史が有ってものづくりが有る。先人の知識に感心させられる。

有限会社 和田
ホームページの制作をさせて頂きました。


2016年1月4日月曜日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨年はすっかりブログの更新をサボってしまいました。

今年は頑張ります!昨年末の振り返りから。

昨年は捧工業と「三作」というファクトリーブランドを作りました。



商品をデザインするだけでなくプロデュースする事が多くなってきたのですが「三作」もその一つです。TVの取材を受けたり中々好評です。


私の行ってるプロデュースは、商品をデザインして商品化までアドバイスを行う。もちろん市場を想定してパッケージや必要なカタログを制作します。その上で私達が持っている流通を使い販路を開拓します。

私が工業デザイナーを続けて来て産地のメーカーには自社商品が必要だと感じたからです。単に商品を作るだけでは無く、その商品を使う人とコミュニケーションを取る環境を持つことが大切だと感じてきました。道具を作るという事はそれを使う人が居てその人たちを抜きにモノづくりは行えません。でも、今までのモノづくりは流通の意見に左右されてきたように感じています。

作り手と使い手の関係をデザインしてきた1年です。


渋谷で開催された「純米酒フェスティバル」に参加。ここでは販売も行いましたが非常に好評でした。


八海醸造さんの魚沼の里での試飲に「三作」を使ってもらいました。


越の白鴈の中川酒造さんにお願いして三作の形状に有ったオリジナル日本酒も作ってみました。


三ツ星シェフ、ヤニック・アレノ氏にも使ってもらい高評価を頂きました。


長い事デザイナーをしてきたので商品を作る事に時々疑問を感じます。モノは沢山既にあって中国などでもドンドン作られている。なのになぜ新しい商品をデザインする必要があるのだろう?と感じています。自分でも沢山の商品をデザインして来ました。デザインするだけではなくそれがどの様な人に使われて本当に喜んでもらえているのか?販売にも関わる理由はそこに有ります。

モノの作られた背景を伝え、使う人たちがどの様なものを求めていた自分が作った道具をどの様に感じて使ってくれているのか知りたいのです。

最近は国内だけでなく海外へと広がってきました。

昨年11月26日から香港にあるPMQ Centralでの展示に参加しました。PMQ CentralにあるGoodDesign storeのギャラリースペースを使った燕三条9社によるPRAIDEと名付けた展示会です。フライヤーや会場の全体のデザインを担当しました。


26日のオープニングではデザイントークも担当しました。


11月29日には岩手デザインデイのトークゲストとして招かれました。
岩手デザインデイは初めて参加しましたがとても良い雰囲気でした。岩手のクリエーターが中心になって行うイベントで東京などで行われるデザインイベントに比べるとコンテンツは物足りないものの開催している人達の思いが伝わるイベントでした。


トークの会場も良い雰囲気でした。


岩手では翌日「釜石・大槌地域産業育成センター」でモノづくりと販路開拓についてせになーをさせてもらいました。

これ以外にも新潟市のIPC財団でデザインをテーマにセミナーをさせてもらいました。


このセミナーも地元のTV局から取材を受けました。


少しづつ私の活動が周りの人に影響を与えたり、共感してもらえるようになって来ている事が感じられる1年でした。地方の産地でデザイン活動をしてきて、どこか「地方だから」と言い訳してきたように思います。この2、3年言い訳にしない様に活動しています。

これ以外にも、東京デザイナーズウイークのプロ展に招待され参加しました。


2月の「ててて見本市」に始まり、9月の東京でのギフトシュー、大阪でのギフトシューと過去最高に外向きの活動をした2015年でした。2016年はもう少しものづくりに注力する年にしたいと思います。

2016年もよろしくお願いします。

2015年12月21日月曜日

「めがねとかもめと北欧暮らし」さんで紹介してもらいました。

素敵すぎる湯たんぽと題して人気ブログめがねとかもめと北欧暮らし。」のMIさんにご紹介いただいた。

さすがに写真も記事も素敵だ。
うちの商品を取扱いいただいてるショップさんにめがねとかもめと北欧暮らし。」で紹介されていますよ。と聞いてからFD STOREの湯たんぽの注文が確実に増えました。
人気ブロガーの影響力に驚きました。

やはり、伝えるって大切ですね。


今年も人気な為、すべて品薄で三越のカタログギフトをはじめ、取扱い店の皆様にはご迷惑をおかけしてしまいました。
全て新潟で作っているのですが、今新潟の工場はどこも仕事が多くて大変です。家電メーカーなどの仕事が為替の影響も有って国内に戻ってきています。ただ、戻ってくると言ってもこの10年で1/4くらいに減ったところに戻って来ても、簡単には作れないのが現状でしょう。製造コストは出来るだけ海外に近づけてとなるので当たり前ですが製造できる工場は限られます。

うちでは計画生産で、少し売れたからと言って無理をせず来年まで待ってもらうようにしています。モノがあふれている市場に流される事なく本当に欲しい人に使ってもらって評価してもらいたいと考えています。

とは言え、欲しい方に届けられないのは心苦しいです。



東京の方は今年から取扱いいただいている、代官山蔦屋さんや二子多摩川の蔦屋家電さんに商品が有ります。特に蔦屋家電さんは白・黒に加えてグレーも取扱いいただいています。素敵なラッピングもしてもらえますので是非、商品を手に取って肌触りなどご確認いただければ嬉しいです。


2015年9月22日火曜日

東京ギフトショー、大阪ギフトショーに出展しました。

私がなぜデザイナー言う立場で、デザインした製品の販売を行うのか書いておきます。

地方の産地でデザイン活動を行っていると「萩野さんのデザインした製品は何処で買えますか?」と聞かれても正確に答えられません。何処で売ってるのかクライアントに聞いても、流通をコントロールできていないため明確に答えられない。この事が変だと気がついたのは、10年くらい前に酒造メーカーを経営する友人から指摘されて。彼曰く「うちの酒は九州の人から問い合わせがあっても近くの酒屋を紹介できる」と。

新潟は雪と米と酒くらいしかない、などと言ってしまう事が多いのだけれども雪を克服するために多くの努力をしている。米も酒もお客さんに選んでもらえるように作る事に加えて、それ以上の努力を伝える事に行っている。私の周りの地場産業の多くは、作る事に一生懸命だが伝える事は第三者任せの場合が多い。訴求する際のイメージも、料理研究家やタレントなどの力を借りて行う事が多い。そうではなく本来メーカーが自分で行うべきなんだと気付かされました。

黒いキッチンツールを作ってもらっているプリンス工業の高野社長とは25年以上の付き合いです。以前話をした時に、産地問屋に製品を売ってもらってるいわゆるOEMメーカーは問屋に配慮し自分達で積極的に販売する事ははばかるとの事だった。以来デザイン事務所である私達がメーカーに変わって製品を流通させてきました。


私達の商品は、既存の売り場を目指していません。モノは特別ではなく売り場を創る事を目指した商品です。従来の燕や三条の製品はフックに吊るされた売り場で売られる事が中心です。キッチンツールやフライパン、ガーデニングの鋏も大半がフックにぶら下げやすいようにして売られますよね。私達のFD STYLEはそれぞれ箱に入れそのままプレゼントに使えるパッケージにしています。フライパンはハンドルにフックすらありません。
従来の商品をぶら下げる売り場に、他の製品を押しのけて並びたいと考えていません。


どのような売り場を想定しているかといえば、例えばアパレルのお店。ちょっとしたプレゼントを選びに来た人が手にとって買っていただける、そんな売り方が理想です。

10数年前、柳宗理さんの製品を販売する佐藤商事さんの方が訪ねてこられた時にお聞きしたのですが、柳さんの商品もはじめは家庭用品売り場には見向きもされず、アパレルや雑貨店の方が並べてくれて、少しづつ広がったと聞きました。私は手がける製品が新潟のモノなので柳さんのような息の長い商品をデザインしたいと思ってきました。
実際にお会いした事もありませんが、時間をかけて近づいていきたいと思っています。


そんな事を考え、展示会に出ています。
地方にいて情報が限られるので、中々私達の商品にあった展示会が何処なのかわかりませんが、ブースに足を運んでくださった方に、精一杯自分達の役割とデザインの考え方、新潟のものづくりを伝えられるように話しています。

基本的に、展示会の時は休憩も取らないし、ほとんどトイレにもいきません。
自分自身で考えてる事を話、伝える事が大切だと考えています。


今回は今までより立派なカタログができました。皆が手に持って帰ってくれて、時間のある時に読んでくれると思います。意見が聞けたりすると良いのですが。

私達のカタログは写真も含めてほとんどが自社製です。デザイン事務所だから当たり前ですが、写真ひとつとっても外部の人が撮った写真は雰囲気が違います。
「らしさ」というのを大切にしていますが、時間をかけた良いカタログに仕上がりました。


東京のギフトショーに続いて、初めて大阪のギフトショーにも出展しました。
とても小さなブースでできれば倍のスペースが理想でしたが、接客が一人なのでちょうど良いかもしれません。東京の内容と大阪でも変えているし、東京でもお客様の反応によって並べる製品を変えたりしています。デザイナーとして何をどのようにプレゼンテーションするのか、単なる展示では私自身が立っている意味がありません。


両会場とも足を運んでくださったみなさんありがとうございました。

2015年7月12日日曜日

今年の湯たんぽは

昨年グッドデザイン賞をとった湯たんぽ。生産数が少なくて入手できなかった方がいらっしゃったら申し訳ないです。最小ロットをさらに低くしてもらって生産しています。
そもそも、ツバメのように製品毎のラインを持たない生産方法だと、工程によっては外注にお願いしての生産となる。例えば「溶接」は溶接専門の外注でお願いしている。溶接の設備はやはり最新のものが良い。溶接跡が綺麗だし、漏れもない。燕のものづくりは中小企業の連合のような作り方。工程によってはある程度のロットが必要になる。

今年は昨年よりも25%程度生産量を増やして、最低ロットを守りたい。

その為にカバーでバリエーションを増やしたいと計画している。この辺は加藤さんの担当で和柄なんかを試している。形も巾着タイプからコンビニ袋タイプを試している。


コンビニ袋のような持ち手の部分を玉結びにして使います。


間な感じに。なんだか可愛い感じになっている。デザインの時点で見たときは中身に触れてしまいそうで心配でしたが、試作は結構しっかりパッケージングできました。


ニットーボー新潟さんに糸の相談をしています。綿の糸は知れば知るほど難しいいですね。丸編機やホールガーメントと呼ばれるつなぎ目のないニットが作れる編機などがうらやましいいなぁとか考えるようになってきます。もちろん設備は使えるなら使えないよりいいですが、デザインで工夫する事も大切かな。

湯たんぽ以外のニット製品も計画しています。どれも金属との組み合わせです。



2015年7月5日日曜日

デザインの間違った解釈。

良いデザインとは何だろう?

カッコいいだけで売れない製品がある。これは良いデザインでは無い。

三条で作られた「軽い鋳物の鍋」というのがあり、デザインの賞をたくさん取っている。

これなんかは、デザインの間違った解釈である。

多分料理をしない人が考えたのだろう。

ルクルーゼやストーブに代表される「鋳物の鍋」は人気が有る。

欠点は重い事と考えられがちだが、同時に重い事が最大の優れた特徴である。

鋳物の鍋は本体とフタの勘合部を切削加工により制度を高めている。その上にフタが重い事で「ウオーターシール」と呼ばれる蒸気から水滴に変わった水の幕が内部の圧力を高める事で、煮物が美味しく調理できる。圧力鍋に似た理由である。フタが軽くてはこの効果は無い。

本体の重さも蓄熱には必要で「重い」というのは鋳物の鍋にとって必要な機能である。

「軽い鋳物の鍋」なんてのは絶対に買ってはならない製品。製品名は書かないけど。笑

せいぜい、無水鍋くらいが軽さの限度ではないか。これなら蓄熱出来る十分な厚さが有りながらアルミなので軽い鍋に仕上がっている。軽い鋳物鍋が欲しい方はこちらをお勧めする。

このような間違いがなぜ起こるかといえば手段と目的が入れ替わる為に起こる。

鍋の目的は美味しい料理を作る道具である。もちろん、その上に美しいく使いやすいフォルムである事も重要です。「鋳物で作る」は手段でしか無く、この手段が目的になってはならない。軽い鋳物の鍋は「鋳物の鍋で作る」事が目的化されるた企画の中で「軽い」という特徴を用いてしまい生まれた間違った製品である。もちろん、鋳物メーカーが自社の技術をPRする為に調理器具としての目的を度外視して宣伝用に作る事は有っても良いだろう。でも、その際は消費者の方が間違って買わない様に取り上げる側も注意が必要であろう。幸い売場の方も馬鹿ではないから売り場に並んでいるのは見た事が無い。三条市の観光施設以外では。笑

軽い鋳物という事は厚さが薄いわけで、鋳物は同じ厚さの鉄をプレスして作ったものに比べて衝撃に弱く、さらに錆びない様に表面に施された琺瑯も衝撃には弱いので、軽い(薄い)鉄鋳物の鍋は高くて耐久性の低い「カッコだけの」素敵な鍋。悪いデザインの代表であろう。

美しいスタイリングはデザインの本質で有るが目的では無い。

同じように「刃を視覚で確認できない」刃物のパッケージも同様です。

どんなに素敵な視覚効果を与えたとしても、刃先の形状が見えないのパッケージ(フタを開ける箱は別です)は決して良いデザインでは無い。製品も売れる事は無いだろう。売場も馬鹿ではないので導入すらされないだろう。

こうした例はデザイナーの責任だけでは無い。役割分担のいいとこどりを狙った結果起こる事象である。もちろんデザイナーも製品や流通に関してもう少し勉強するべきだとも思う。

悪いのは、行政の無知がこうしたカッコいいけど本来の目的に会っていないものを「良いデザイン」としてしまう事で一般の人に誤解を与えてしまう事だ。少し考えれば誰にだってわかる事でこの手の失敗は何度も繰り返されてきている。補助金が悪者にされるのもこうした例が大切な税金が使われるからだろう。

地方創生として地方に予算を割り振る際「3セク」が窓地になる。もちろん、適正な支出を管理する上では有効だと思うが、知識と経験が低い「3セク」が企画まで行ってしまう事で無駄な使い方になってしまっていると思う。この企画の部分は民間に委託する方が絶対に有効だと思う。その上で行政はチャックと評価を徹底すれば良いではないだろうか。



2015年6月28日日曜日

ニイガタデザインウイークを終えて

ニイガタデザインウイークは無事?終えることができました。
やってみて分かったことは、個人の無力さとITの力。これはイベントに限らずモノをデザインするのも同じことが言える。
個人で出来ることなんて限られるし、計画はできても実行するには多くの人の協力が必要ですよね。なにせ準備期間もなく実行したわけで、協力いただいた方には感謝している。中でも事務所のスタッフとグラフィックで協力してもらった高橋徹さんには本当に感謝しています。やってる途中は「もうやらない」とか思いますが、終わってしばらく経つと反省点が浮かんでくるわけで、浮かんでしまった反省点を生かした改良案を見てみたくなるんですよね。この辺はデザインと似ていて、違うのはイベントは日時が固定されていて、時が妥協点に成ると思うけどモノのデザインは時間が最優先されることは少ないってあらりか。次回やるとしたら準備にもっと時間をかけたい。もっと多くの人を巻き込んだオールニイガタみたいな形にしたい。デザインって切り口ならそれができると思う。新潟の良いモノやサービスなど有形無形なデザイン的に優れたコトを全国に発信する機会を作りたい。良いモノが沢山あるのにアピール下手と言われる「新潟」。(私自身は新潟だけではなくてどこの地方も同じだと思う)社会が小さくて密接な傾向のある場所ではアピールするコト自体が「恥ずかし」感じがするのだと思う。でも、小さくなる一方の地方経済を考える時そのままではやれないだろうし、効率よくそれを実行するのがデザイナーの役割になってきていると思う。この事はものづくりとも共通する。
 逆に実行組織がなく、ほとんど「個人」でもある程度の事が出来たのはITのおかげが大きいい。ITのおかげというのはスマートフォンが普及してFacebookで情報が共有できる事が大きい。デザイナーがいくら計画しても伝わらなければ意味がない。逆に考えればITで伝わる情報を上手にデザインできれば一定の効果を上げる事が可能だと思う。こう表現するとネット販売などと置き換える人がいるがそうではない。人がつながるという点でITは非常に有効です。ただ製品を売るという点では効果はあるでしょうが、私が手がけているような製品にとっては限定的だとも感じています。
 今回参加していただいた自遊人さんはタイミングよくFD STYLEの製品に興味を持っていただき、問い合わせをもらったからで偶然とはいえタイミングがバッチリでした。離れた所の人とコミュニケーションが取れるという点でITの役割は大きいい。ただ、コンシューマーの中にはまだまだITが非日常という人も大勢いる。
 来年はもっと新潟ならではのデザインウイークをやってみたい。日本デザイン振興会だけでなく、新潟県や新潟市の協力や経済界の協力も得たオールニイガタで中心にクリエーターがいる形のイベントができたらいいなぁと考えています。でもスタッフに怒られそうなので仕事もちゃんとしてから考えます。